腕時計スタンドでデスク周りをおしゃれに!腕時計をディスプレイする便利グッズ

腕時計スタンドでデスク周りをおしゃれに!腕時計をディスプレイする便利グッズ

社会人になってしばらくしてから、ちょっと高めの腕時計を購入しました。それに伴い、いままでは机の上にポイッと置いていた腕時計の居場所をしっかり確保しようと腕時計スタンドを使い出しました。

腕時計も腕時計スタンドも購入したのは結構前になりますが、改めて紹介していきます。



外観及びサイズ感

素材は木ですが削りだしではなく、ニスでコーティングされているようなさらさらした肌触りです。

僕が買った色はメープル(ナチュラル)で使っている机とほぼ同じような色合い。色はメープル以外にもウォールナットなどがあるみたいだよ。

高さ10cm、幅4.6cm、奥行き4.6cmとコンパクト。

底面にステンレスの合板が付いているので重量は183gと見た目よりずっしりとしていて安定感はGOODです。

時計をかける部分

上部の時計をかける部分は手前に傾斜していて、時計を置いたときに時間が見やすいようになっています。デスクに居るときに時計を見るのに、傾斜が付いているため簡易的な時計として見れるのはなかなか良いですね。

また、時計を乗せる部分にはコルクっぽい感じのゴムが付いていて時計を安定して置けます。このゴムは品質も良く、もう2年以上使っていますが熱でべとべとになったり、こすれてぼろぼろになったりといったことはありません。

腕時計をセットしてみた様子

実際に腕時計を置いてみると、こんな感じになります。

ちなみに、時計が一番美しいとされているのは10時8分の時らしいよ!確かに長針と短針のバランスが良いよね。

 

10時12分になっちゃった…

真ん中の空間

時計をかける部分と台座との隙間は約4.5cmとそこまで余裕がないので、ベルトが下の台座部分に触れてしまいます。僕の腕時計のベルトはチタン製でちょっと傷が付きやすいのでちょっと気になります。

僕はもう面倒くさいのでベルトは緩めた状態のままかけちゃっています。ベルトを緩めた状態なので下の台座に当たっていますね..

 

ベルトを締めた状態で保管すれば台座との干渉をかわせますが、手間が増えるのでそこはお好みで使い分ければ良いかと思います。

注意点

革ベルトの場合だと、ベルトを止めずにセットするとベルトが垂れる感じになるので見栄えはいまいちかと思います。

かといって、いちいちベルトを止めてからセットするのも面倒くさいと思うので、革ベルトの時計の方はその点も考慮した上で検討してみてください。

お値段

気になるお値段ですが、僕は雑貨屋(伊東屋)で買いましたが確か4,500円くらいでした。調べてみたところ、amazonでも取り扱いあるみたいだけど、現在在庫切れみたいですね。。

と思ったらありました。下記リンクからどうぞ。

まとめ

ふと立ち寄った雑貨店(伊藤屋)で僕の中では珍しく勢いで買ってしまいましたがとても満足しています。

腕時計の置き場に困っている方は是非導入を検討してみてはいかがでしょう? それでは。