高級オフィスチェアーでデスク周りをおしゃれに! 16万のスチールケースのジェスチャー レビュー

高級オフィスチェアーでデスク周りをおしゃれに! 16万のスチールケースのジェスチャー レビュー

今日は、家の中にある一番高級な家具である、スチールケース社のジェスチャーというオフィスチェアーを紹介レビューしたいと思います。

タイトルにも書いていますがお値段、約160,000円でしたっ!(高い)

高級オフィスチェアーと言えばハーマンミラー社のアーロンチェアーが有名ですが、実際に試座してみてアーロンチェアでなくスチールケース社のジェスチャーを選びました。

実際に購入したのは3~4年くらい前になるんですが、実際に使ってみた感想を今さら記事にしたいと思います。よろしくどうぞ。

新宿の大塚家具で買いました

僕が実際に試座しに行ったのは新宿の大塚家具です。

こちらの店舗では当時、アーロンチェアーはもちろん、10種類を越える高級オフィスチェアを試すことが出来ました。

ジェスチャーの優れたポイント

それでは実際に3年以上座り続けて感じたこのジェスチャーの優れたポイントを紹介していきます。

座面のクッション

オフィスチェアって意外と座面がメッシュになってるものが多かったりするんですが、個人的にあんま好きじゃないんですよね。

通気性はいいんですが肝心の座り心地が正直あまり良くないですし、正しく座らないとフレーム部分が体に当たることもあります。

椅子の上で胡座かいたり、だらけて座るのには向いてません。

このジェスチャーの座面はもちっとした感触のクッションで座り心地最高です。

↑座面アップ

座面面積も結構広めなので、胡座かいたりしてもお尻がフレームに当たったりすることもなくとても快適です。

側面の一瞬プラスチックみたいに見える部分は手でつぶせるくらいの柔らかさでふにゃっとしていて、足が当たっても痛くなることは全くありません。

アームレストの位置が自由自在

このジェスチャーの最大の特徴はなんといってもアームレスト。

アームレストの稼働範囲が他のチェアと比べて段違いです。以下、写真と一緒に紹介していきます。

稼働箇所1

腕を乗せる部分(アームレスト)は無段階でスムーズに奥と手前に動き、また内側と外側に3段階ずつ動かせます。この腕を載せる部分もちょっと弾力がある触り心地で快適なんです。

↑左を一番奥側、右を一番手前側にしている状態
↑内側に向けた状態
↑外側に向けた状態

稼働箇所2

背もたれと座面の根元部分のところです。写真の丸部分から左右に水平に動きます。内側と外側に15°ずつくらい動きます。

↑内側に向けた状態
↑外側に向けた状態

稼働箇所1と独立して動きます。動かし方はアームレストごと持って手でグイっと動かします。

稼働箇所3

稼働箇所2と近いですが、アームレスト自体の高さが変わる部分ですね。

アームレストの側面に付いてるレバーを操作して簡単にかつ瞬時に高さを変えられます。

↑アームレストの側面についているレバーで高さを操作
↑レバー部分アップ

この高さの調整がすぐに出来るのがすごいいいです。

他のチェアだと高さ調整するのに座面の裏に手を伸ばしたり両手で操作する必要があったりしますが、ジェスチャーは片手で簡単に操作出来るのがめっちゃ便利です。

↑奥側が一番高い状態で手前側が一番低い状態

高さを変えると同時に腕を置くパッドの前後位置も多少変わる点は注意です。

このレバーを操作しないと高さの調整はできないので、腕を乗せて体重をかけても、アームレストの高さが変わったりすることはないです。

これ意外と大事なことで、「肘ついてうーん」っていうポーズが㎜単位で調整出来てかつキープできますw

↑これね

座面の移動がスムーズ

高級オフィスチェアーによくある腰のサポート機能(アーロンチェアで言うポスチャーフィット的な機能)がありませんが座面の前後の移動で解決できます。

背もたれの腰の部分はアーチ状になっており、座面を背もたれ側に移動させることで腰の部分にフィットさせることができます。

座面の前後の移動もダイヤルをくるくる回すだけで座っている状態でもヌルヌル動いてくれるのでとても楽ちん。

↑前に付いているダイヤルで座面の移動を行う

わざわざ立って、座席を持って動かす なんて必要はありません。

↑一番背中側
↑一番前側

約10㎝くらいの動き代があるかな。

ジェスチャーのいまいちな点

正直、不満な点はほとんどないんですが、気になる人がいるかもしれないので絞り出して気になる点を書いてみます。

背面角度が固定出来ない

背面のロック機構がないので、背もたれを倒した状態での固定は出来ません。

ただ、背もたれを倒す=体重をかけてる状態なので、体重をかけてればもちろん倒れた状態でキープされます。

なので買う前はちょっと気になっていましたが長年使っていても不満はありません。

ヘッドレストがない

オフィスチェアー自体ヘッドレストがないものが多いと思いますが、このジェスチャーにもヘッドレストがありません。

(今だと、ヘッドレスト付きのものもあるっぽい)

ただ、背もたれ自体結構高さがあるのでちょっと座面に浅く座るといい感じに頭が乗っかります。

これで充分頭が乗って休まるので、ヘッドレストがなくても僕は全然問題ないです。

ヘッドレストないほうが見た目もスマートだし個人的にはなくて全然良かったと思います。

どんな姿勢のパターンがあるのか

さて、最後にスチールケース社が調査したデータによると下記9種類の姿勢パターンがあるらしいですよ。

まぁ全部カバーできるかどうかは置いておいて、上段左上と上段右上の姿勢のサポートは結構いい感じにできると思うよ。

オフィスチェア 360度アーム ラップバック/ブラックフレーム 座面奥行 座面高さ 背もたれ強度 キャスター バリアブルバックトップ 高機能チェア パソコンチェア Gesture ジェスチャー K-442A40BB Steelcase スチールケース インテリア 家具 送料無料 viventie
created by Rinker

まとめ

いまいちな点とかをホントはもっと書きたかったんだけど、意外となかったわ。。

まぁそれだけいいオフィスチェアーということです!

ちなみに公式サイトはこちら。https://www.steelcase.com/asia-ja/products/office-chairs/gesture/

ぶっちゃけ買う機会もそんなにない高級オフィスチェアーですが、これはおすすめしますよ。

それでは。